人気の風俗体験記事

人気の風俗体験記事を集めてみました。

顔にはモザイクが掛かっていたが

投稿日:2016年3月26日

利用したのは待ち合わせ型のデリヘル。受付へ名前と服装を伝えると、お店から待ち合わせの場所を指示される。指定の時間に待ち合わせ場所へ行き、そこで女の子と出会うというタイプだった。そこで出会ったマリナちゃん。ホームページでは顔にモザイクがあったため、ほぼ感覚だけでその子を選んだが当たりだったようだ。顔立ちが整い、茶髪のロングストレート、スタイルは普通だったが顔の見た目は問題無し。とてもデリヘル嬢には見えなかった。そんなマリアちゃんと一緒にホテルへ向かってチェックイン。デリヘルを初めてまだ一週間という22歳の新人ちゃん。そんなことをイチャイチャしながら混浴タイム。一糸纏わない彼女の裸は色白肌の若々しい艶を持った健康的な身体。シャワーを浴びながらお互いにボディタッチをして、一緒にお風呂に浸かった。彼女を後ろから抱き寄せて背後から乳房を揉み、もう片方の手で股下へと手をしのばせた。乳房の柔らかさとワレメのヌメヌメ感、そして彼女の可愛らしい喘ぎ声を堪能した。

すっかり忘れていた来客

インターホンがなり、聞き慣れない女の子の声にドアを開けるとそこには小奇麗な格好をした女の子がひとり立っていた。「はじめまして! ○○(デリヘル店)から来ましたマナミって言います!」と会釈された。そのお店の名前を聞き、数日前に予約していたのを思い出した。そんなきょとんとした俺の姿を見て「もしかして忘れてました?」とクスっと笑みをこぼすマナミちゃん。とりあえず彼女を家の中へと招き入れ、軽くお話をしてプレイを開始した。狭っくるしいお風呂に2人で身体を密着させながらシャワーを浴びる。背後から抱きつき乳房を揉んで、お尻を撫でた。プルンッと弾力と柔軟さを併せ持った感触が手に残る。彼女の息遣いにペ○スがギンギンに勃起。それをお尻にあてがい擦り出している自分がいた。マナミちゃんには壁に手を付いてもらい、バックから責めさせて貰った。色白なお尻にそのまま精液を吐き出す。それでも勃起が収まることはなかったので続きは布団の上で行うことに。いやー、忘れていた来客に思いっきり癒された。