人気の風俗体験記事

人気の風俗体験記事を集めてみました。

ケツの穴をじっくりと見てあげた

投稿日:2016年7月25日

シャワールームで裸になったレイコちゃんの身体はもう堪らない。豊満な乳房に女性らしいウエストライン、そして真っ白なプリプリのお尻に釘付けだった。シャワーを一緒に浴びて、ついつい彼女の乳房へ手が伸びてしまった。レイコちゃんの口から「あぁん」と小さな声が漏れた。そして彼女に壁に手をつくように指示し、お尻をこっちに向けるように言った。お尻が向けられ、そこに屈んだ。白い谷間の間には小さなア○ルがあった。じっくりと観察してみるとヒクヒクと動いていた。その事を報告するとレイコちゃんは「やめてくださいよー」と首を振った。まずお尻のお肉を分けて、その間に舌を入れる。チロッとア○ルを舐めると彼女の身体がビクッと反応。マ○コも丸見えでそこもついでに舐めてあげた。ついでにそのしょっぱい味も彼女に教えてあげた。「もーっ、ほんとに恥ずかしい///」と困ったような声で感想を言ってくれたア○ルを舐めてあげると、じんわりと膣から愛液が出てきた。指を当てると吸い込まれるように膣の中へと誘い込まれた。指でくちゅくちゅ、舌でペロペロ、レイコちゃんは立っているのが辛そうで脚をプルプルと震わせていた。なかなかリアクションの良いデリヘル嬢だった。

別に普通のデリヘルだった

デリヘルで出会った女の子、名前はエリカちゃん。顔立ちは整っていて、どこか大人っぽい子だった。値段の割には良い子と巡り合えた、というのが正直なところ。お部屋へ招き入れて早速プレイ開始。ますはクソ狭いお風呂場で一緒にシャワーを浴びることに。エリカちゃんの体型は普通の女性らしい身体つきをしていた。強いて褒めるところと言ったらスリムな体型と、品の良い大きさと形をした乳房ぐらい。あとは軒並み普通な感じだった。そんなエリカちゃんとイチャイチャシャワータイム。身体を丁寧に拭き拭きしてもらい、そしてベッドへと移動。抱き合ったままベッドの上へと倒れ込んだ。ベロチュウをしてからのディープキス。こっちの手がエリカちゃんの乳房に触れるとあっちもこっちのペ○スを握ってきた。心地よい柔らかさを持った乳房、揉んでいて飽きなかった。そしてエリカちゃんの口から漏れる小さな吐息、乳首をいじめるとその吐息に喘ぎ声が混ざっていた。全体的に平均的なサービスをさせてもらった。